処分方法が厄介な廃棄物処理は業者に任せると楽になる

重機

家のゴミの処分に困ったら

作業員

埼玉県でごみの処分に困ったら、埼玉県で許可を受けている産業廃棄物業者に依頼することをお勧めします。業者によって処分するごみの量や種類によって料金が異なりますから、いくつかの産業廃棄物業者に見積もりを依頼してから決めると安心です。

詳細

オススメリンク

  • ケーズクリーン

    さいたま市で一般廃棄物の対応をしているエリアを確認したいなら必見になります。ここで案内されている内容を調べてこう。
  • 有限会社林製作所

    瓦礫選別に特化したマシンをこちらで購入しませんか?高性能なものばかりですし、レンタルが出来るプランもありますよ。

解体ゴミの処分

工事

混合廃棄物は、建設現場や解体現場などから出る、木材・金属・プラスチックなど複数のゴミが混じり合った廃棄物のことをいいます。現在は法律によってリサイクルの推進が義務づけられていることから、排出量削減への取り組みとともに専門業者への処理委託が必要となっています。

詳細

埋め立てるばかりではない

工事現場

小さく破砕して

廃棄物には、家庭やオフィスなどから出てきた一般廃棄物と、工場や工事などで出てきた、産業廃棄物があります。いずれも焼却処分されたり、埋め立て処理されたりして廃棄物処理が行われています。最近はリユース、リサイクルなどが盛んに行われていて、金属や紙類などの資源ごみは再利用されるように、努力が行われています。リサイクル、リユースの高まりから再利用されていく廃棄物もありますが、まだ焼却処分されたり埋め立てして廃棄物処理をされる量が多いのが、実態です。特に埋め立て処分される廃棄物は、どんどんと埋め立てを行う場所が少なくなっていますので廃棄プラスチックなどは、小さく破砕して埋め立てる廃棄物処理がされています。

肥料として

焼却処分をして廃棄物処理をされる廃棄物であっても、焼却した後で出てくる灰は残ってしまいます。焼却中のエネルギーは熱利用して再利用ができますが、残ってしまった灰は、埋め立てて廃棄物処理をしなければなりません。焼却や破砕を行って小さくなった廃棄物は、埋め立てる場所の延命に一役買っています。ですがいくら小さくしたからといっても、埋め立てる場所は少なくなっています。家庭から出る生ごみなどは、可燃物として焼却処分している自治体が多くなっていますが、自治体の中には出される生ごみを分別して、たい肥にできるものは乾燥、発酵させて肥料として再利用している自治体もあります。そのような利点があるので、廃棄物処理はより丁寧に行なっていくべきなのです。近年は、産業廃棄物の処理を請けてくれる業者もありますし、破砕機などの重機をレンタルしてくれる業者もあります。なので、積極的に利用しましょう。

慎重に選ぶ

重機

産業廃棄物処理を外部の業者に任せる場合、万が一の時は依頼した側が責任を負うこともあるため、信頼できるところにお願いしなければなりません。何でも引き受けてしまう業者は注意したいですし、近隣住民から評判を調べ、費用はあまり値切り過ぎないようにしましょう。

詳細